消毒・滅菌の流れ

当院の消毒・滅菌について

肝炎などの感染症は、社会問題になっております。歯科治療は、唾液・血液が必ずといっていいほど器具に付着するため、かなり危険です。
当院では治療で使用した器具はすべて毎治療ごとに消毒・滅菌し、院内感染予防をしております。
また、ゴム手袋、マスク、紙コップ、紙エプロン、ヘッドカバー等可能なものは使い捨て製品を使用しております。

除菌 菌を除いて減らすこと。
  • 菌を減らす割合を含まない概念
  • 医学用語ではない
  • 病原微生物を除去しその能力を減退させ、病原性を無くすこと。無菌にすることではない。
消毒(殺菌) 人に対して有害な微生物のみを無害化すること。
滅菌 すべての微生物を完全に死滅させること。

洗浄・消毒・滅菌・保管の流れ

Step.1

使用した器具はトレーごと消毒コーナーに運び、専用の洗浄液で洗浄します。

 
Step.2

血液・タンパクなどの付着物を水を流しながらはねないようにブラシで手洗浄します。
細かい部位は専用ブラシなどで丁寧に洗浄します。

Step.3

バキューム先端のゴムの部分は取り外し、消毒液に浸しておきます。

Step.4

治療に使用するバー等は超音波洗浄機を使用して手洗いでは落としきれない治療器具の内部、細部まで洗浄します。
血液、歯垢などに含まれる脂質、タンパク質、バクテリアなどを除去できる洗浄剤を使用し洗浄します。

Step.5

洗浄・消毒した器具は滅菌パックに入れ密閉します。

 
Step.6

滅菌パックに密閉した器具をオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)に入れすべての微生物を死滅させます。

 
Step.7

消毒・滅菌した器具は殺菌灯キャビネットとチェアサイドキャビネットに保管します。