スタッフブログ

金属アレルギーについて

世の中には色々なアレルギーを持った人がいます。そういう僕も、カビ、ダニ、そして犬の毛のアレルギーがあることが分かっています。

ですが、飼い犬を手放すことなどできません。それほど困った症状が出ていないこともありますが、家族同様に生活している彼女をどこかへ

ほっぽり出すなんてば誰ができるでしょうか。

それは今日の話とはあまり関係ないのでこの辺にしておきますが、世の中には金属アレルギーの人がいます。

シルバーのアクセサリーなどでかぶれてしまう人は良く見かけますが、あまり困った話は聞きません。

しかし、歯科で入れる金属冠で症状を起こす人は大変です。金属はただ固体でいるわけではなく口の中で一部イオン化して

溶出しています。そのため接触している部分がかぶれるだけでなく、浮腫を起こしたり、動悸がしたりとさまざまな症状を引き起こします。

しかも、今の保険医療制度では、どうしても金銀パラジウム合金や、銀合金、ニッケルやコバルトなどアレルギーの出やすい金属しか使用できないため、

このような患者さんの治療には保険外の治療をしなくてはならない場合が多くあります。その分負担も増えてしまうのですが、

貴金属だから大丈夫というわけでもありません。歯科で使用される金属はほとんどが合金ですので、微量でも多種類の金属が含まれているのが普通です。

例えば純金だと柔らかすぎて使えないなどの理由からです。そのため金属を使用する際には、病院でどの元素でアレルギーを引き起こすのかを詳細に

調べてもらい、その元素を含まない合金を使用して冠を作成するといった方法がとられます。ただし、数多くの元素にアレルギーを持っている人には、

使用できません。昔受け持った患者さんで、金にもアレルギーをお持ちの患者さんがいらっしゃいました。この時は、チタンを用いて対応しましたが、

チタンは固いので、調整時に火花が散ったのを覚えています。

その他の方法としては、金属を使用しないという方法もあります。多くはセラミックを使用していきます。

これならほぼ間違いなくアレルギーは出ません。そういう意味ではよいのですが、セラミックの欠けやすいという欠点が、奥歯、

そして、ブリッジの治療に際してためらわれる点です。

そんな中、最近ジルコニアを使った冠が出てきています。ジルコニアは『白い金属』と呼ばれることもあるほど硬く、欠けることの無いものです。

人工ダイヤモンドとしても用いられることからも分かるとおり加工がとても難しいのですが、最近の技術の進歩により、コンピュータ制御によって

機械が削ることにより一定の品質を維持したものができるようになったとのことです。そのあまりの硬さによりかみ合わせる歯が削れてしまう懸念があるようですが、

金属と同じように用いられるというのは使える範囲も広がり、朗報と言えるでしょう。細かい色の変化がつけられないため、前歯などに用いる際には、

金属で行う時のようにフレームをジルコニアで制作して、その上からセラミックで覆ってあげるということも可能です。

金属の代わりになるものと言っていいでしょう。ほぼ間違いなく保険適応になることはないでしょうから、費用負担の面では問題解決とはいきませんが、

金属とは違って材料費はあまりかからないと思いますので、今後、技術料が安くなることによって安価なものが出てくる可能性もあります。

まだ新しい技術のため、今後どう転ぶかはわからないところもありますが、金属アレルギーの患者さんのみならず、見た目の良いしっかりした歯を求める人たちにとっても

さらなる発展を望みたいところです。

 

顎関節症について

最近口が開きづらい、朝起きると顎のあたりがだるい、口を開けたとき音がする、

口を開けるとき痛みがある。こんな症状がある人はいませんか?

もしかするとそれは顎関節症によるものかもしれません。

顎関節症とは、あごの関節や、口を開け閉めする際に用いる筋肉の障害により引き起こされるものです。

痛みを伴わず、音が鳴る人は、僕の周りにもそして僕自身もあり、それほど珍しいものではありません。

音が鳴る程度の状態であれば特に気にしなくてもよいと考えています。

しかも治そうとしてもうまくいかないことも多く、治療が無駄になってしまうこともあるので、

よっぽど気になっておかしくなりそう。など、相応の理由がない限りは様子を見た方がよさそうです。

しかし、痛みがある場合、口が開かなくなってしまう場合は話が違います。その苦痛を早く取り除かなくてはいけません。

そういう場合の治療ですが、さまざまな治療法があります。

まずは、急性の症状を取り除くための投薬治療です。これで十分症状が落ち着く場合もあります。

それから、かみ合わせが悪い部分を除去する咬合調整というやり方もあります。

これは、明らかにかみ合わせに原因がある場合、その部分を削ってかみ合わせをよくしていくやり方です。

親知らずが生えてきたためにそうなってしまうような場合もあり、その際には抜歯するという選択もあります。

このやり方は、悪い部分を除去するため適切に行えばかなりの効果が見込めます。

しかし、削るという行為は元に戻すということが理論上不可能なため、安易な選択はしない方がよいと思います。

顎関節症の原因は必ずしも口の中だけにあるとは限らないので、はっきり原因が確定できた時に行うのがいいと思います。

その他の場合はどうするのでしょうか。

僕が多用するのはスプリントと呼ばれるマウスピースを用いるものです。

これは、ただ単純にかみ合わせを拳上することによりあごの関節をリラックスさせるものから、かみ合わせによる

あごの動きを制限するものから開放したり、ある特定のかみ合わせを人工的に付与したりとさまざまなやり方が存在します。

これの良い点とは、マウスピースを付けているときだけ口の中に変化があり、よくないとわかった時には、それをやめてしまえば、

元の状態に戻すことができるという点です。そのため、まず、スプリントを入れてあごの状態をよくしてから、かみ合わせのチェックをして、

本来の顎の動きを阻害しているものがないかチェックし咬合調整するといったやり方もできます。

またご自身であごのマッサージをしてもらうやり方であるとか、日常生活の動きの改善であるとかでよくなる場合もあります。

もし気になることがありましたらお気兼ねなくご相談ください。

 

今日はセンター試験

今日はセンター試験だったようです。この辺には試験会場はないらしく、それっぽい人には出会いませんでした。

もちろん患者さんにもいませんでしたよ。

しかし、今日は天候がよく、日中はコートを着ていたら少し暑いぐらいの陽気でした。

受験生にはとても良いことだったのではないでしょうか。

雪が降るほどの天気だと電車が遅れる心配をしなければいけなかったりして試験と関係ないところで集中をそがれたりすることもあるでしょう。

また、毎年雪で遅れたり、パトカーで送ってもらったりするニュースが見られますが、今年は首都圏ではそのようなことはなかったのではないでしょうか?

それで自分の実力を十分発揮できることはいいことです。受験生の皆さんが後悔することなく試験に迎えることを祈っています。

急に歯が痛くなったりしませんように…。

入れ歯の調整について

『あとどれくらいかかりますか?』

と、言われ返答に困るときがあります。

それは歯の根の治療をしているときと、入れ歯の治療をしているときです。

新しく入れ歯を作り直す時、治療のゴールはその入れ歯が完成した時ではありません。

入れ歯が患者さんの口の中で完全に機能した時、つまり物をかんだり口を動かしたときに、

痛みを感じなかったり、かみ合わせがしっくりきたりした時がゴールなわけです。

なので、入れ歯の完成まではあと何回と言えますが、本当のゴールまでははっきりと示すことはできません。

苦痛や違和感がなくなるまで治療は続きます。入れ歯の微調整を行っているとき、できるだけ短い期間で終わらせるように、

細心の注意を払って調整を行っているつもりです。しかし、スパッと一回で決まらないことが多いです。

僕の腕が未熟なところも多いと思いますが、それだけ繊細なところであるともいえます。

よく考えたら口の中に硬いものをいれているわけですから、少しでも強く当たる部分があると痛みが出るのは当然です。

しかしあたりがあるからと言って大きく削ってしまうと、今度は歯茎と入れ歯との間に隙間ができてしまい、

ものが間に挟まりやすくなったり、入れ歯がガタガタ動きやすくなったりする原因になってしまいます。

そのようなことがないようにあたりを一回一回調べながら少しづつ調整をしていきます。

そのため、調整に時間がかかったりしてしまいますが、せっかく作った入れ歯ですので、末永く使い続けてほしいと思っています。

残念ながら一生モノではありませんが、しっかりと作ることで、長い期間使い続けることは可能です。大学で入れ歯の治療をしてきたものとしては

できるだけしっかりしたものを使っていただきたいと思っています。その際十分な説明はしているつもりですが、

もしわからないことがありましたら遠慮なく質問していただけたら幸いです。

筋肉痛

予想通り朝から筋肉痛になってました。前腕部と肩甲骨あたり、そして腰です。

ものすごく痛いわけではないですが、もむと痛い感じです。

もう若くないし、運動もしばらくしていない…。これじゃあ当然なりますよねえ。

今日も雪は残っていましたが、残しておきました。もう大丈夫ですよね。

…と思ったら来週の火曜日あたり雪が降るそうですよ。降ってもいいけど

もう積もらないでほしい…。

雪かき

今日は朝早く来て、雪かきをしました。

昨日が休みだったので、一日あれば、ほとんど溶けて無くなっているだろうと高をくくっていたのですが、

着いてみたら一面の銀世界がそのまま残っていました。

歩道は、踏み固められて氷のようになっており、歩行者の人たちが歩きづらそうにしていました。

他のところは、おそらく昨日、通りに面したお店が除去していたのでしょう、うちの前だけきれいに残っていました。

歩行者の方には大変ご迷惑をおかけしました。

さて、これらの問題をクリアーするため、まずは駐車場の雪かきから始めました。いつもは広々して自慢の駐車スペースですが、

今日ばかりは恨めしいばかりです。4台分あるうち、2台分を終えたところで、ギブアップしました。

続いて、医院の玄関に続くスロープの除雪です。せっかくのバリアフリーですから、ここで足を滑らせるようなことがあったら、

作った意味がありません。雪ノ下に隠れている氷を注意深く取りました。

そして次に問題の歩道です。ここは雪かきというより氷かきといった方が正しいような状態です。スコップを足で蹴飛ばして、

氷を割りながら道を作っていきます。途中ものすごく厚い氷の層があったり、なかなか大変でしたが、とりあえず、人が通れるスペースと、車が

車道から駐車スペースに安全に入れるように道を作りました。ここまででもうやめたかったのですが、最後にひと頑張りして駐輪場の雪をどかしました。

終わると汗だくで、中に着ていた服がびしょびしょになってしまったためとりあえず洗濯しました。乾かなかったらどうしようかなと思っていたのですが、

帰るころには乾いていたので、一安心です。裸で帰らなくてもよくなりました。

今日はこれで終わりならとてもよかったのですが、もちろん診療がすぐに始まります。腕や足のダメージはさほど感じませんでしたが、

不自然な格好をキープしたりすると、腰に痛みが出てしまい弱りました。でも、治療に影響が出ず、何よりだったと思っています。

今回これほどまでの雪が降るとは想定外でしたが、果たしてこれ1回で済むのでしょうか?2月ぐらいにもう一度あるような気がしてなりません。

できたらこれっきりにしてもらいたいですね。お願いします。

大雪

今日は朝から大雪。医院についたときは雨でしたが、

10時ぐらいから雪へと変わり、あっという間に積もりました。

その後も降り続いて車道まで積もっています。心なしか車の通行量も普段より少ないようです。

僕も行きは車で来ましたが、もちろんノーマルタイヤのため、帰りは電車にしようと思っていました。

しかしここへきて京浜東北線が運転見合わせという情報が入ってきました。

天気予報によれば、雪は夜半まで降り続くとのこと。運転再開はあるのでしょうか?

最悪医院に泊まって朝帰ることも考えなくては…。困ったものです。

幸い明日は休診日なので、朝雪かきをすることはなさそうですが、帰れないのは困りました。

地元でもこんなに短期間で降り積もることはまれだと思います。

そういえば、高校生の時、センター試験のときは雪が積もるという伝説があったことを思い出しました。

僕らの時も雪が積もって、会場までみんなでタクシーに乗ったのを覚えています。

当時はセンター試験は成人の日に行われていました。現在とは日にちも違いますが、

そう、今日なのです。伝説はセンター試験ではなく、成人の日に雪を降らせるのでしょうか?

こんな中、成人式に行った人は大変だったでしょう。慣れない着物と草履で、滑ってはいけないし、

汚せないですものね。例年は、式終わりにみんなで宴会をしたりしているようですが、今日はおとなしく帰ってますかね。

明日は平日ですし、朝方は路面も凍結してとても滑りやすいので、飲み過ぎには十分注意して、怪我しないように気を付けてください。

歯周病と糖尿病との関連性

先日ある記事を見ていたら歯周病と糖尿病との双方向の関連性について書かれていたので、

かいつまんで紹介します。

糖尿病が歯周炎の発生や進行に影響を及ぼすことは現在広く認識されています。

ここでも以前にそのようなことを書きました。

今では歯周炎が神経障害、網膜症、腎症、心筋梗塞、脳梗塞と並んで、糖尿病の合併症の一つに数えられるようになってきているそうです。

また最新の研究結果によると、これらの関連が指摘されています。

 ・ 糖尿病患者の歯周炎罹患リスクは、そうでないものの約3倍である。

 ・ 糖尿病患者が重度歯周炎に罹患すると、蛋白尿が生じるリスクが2倍、腎不全に至るリスクが3倍に増加する。

 ・ 糖尿病患者が重度歯周炎に罹患すると、虚血性心疾患と糖尿病性腎症が合併して死亡するリスクが3倍に増加する。

 ・ 歯周治療は糖尿病患者の血糖コントロールの改善をもたらす。

このようなことから、糖尿病になったら歯を喪失するリスクが高まり、さらに放置すると重篤な合併症をも引き起こすと言えると思います。

逆に、糖尿病と診断されてすぐに歯科を受診するようになれば病状を軽くする可能性があるということです。

このことから日々の診療を振り返ってみると、歯周病の進行が速い患者さんがたまにいるということを思い出します。

その人たちはもしかすると糖尿病に罹患しているのかもしれません。

今まではそこに関しては患者さんに伝えることはしていませんでした。

しかし、ここで伝えることによって、早期に糖尿病を発見できるかもしれません。

そのことによって良好な結果を生むのであれば、今後は積極的にアナウンスしていきたいと思っています。

また、医科の方でもこのことをどんどん伝えていただき、一緒になって病気の改善を目指すようになれば

素晴らしいと思います。

 

 

ポインセチア

去年のクリスマスごろに西友からポインセチアを買い、待合室に飾りました。

少しクリスマスっぽい感じになるかなあ?と思って置いてみたのです。

ですが、クリスマスも終わり、年も明け、お正月もおわるこのころになっても

このポインセチアは元気に茂っています。

毎年クリスマスになるとポインセチアってたくさん売られていますけど、

クリスマス以降はほとんど見なくなりますよね。

皆さんそのあとはどうしているのでしょうか?

ずっと飾っておいていいものか。別にクリスマスの飾りではないので、

そのまま飾っておいてもいい気がするのですが、あまりにクリスマスのイメージが強すぎて、

季節はずれな気もします。捨ててしまうにも、あまりに元気がよいので、かわいそうな気がします。

調べてみたら、これって多年草らしくてうまくいったら来年まで居続けることも可能らしいです。

ただ、葉を赤くするためには完全に暗闇の中に置いたりする工夫が必要だということです。

ということなので来年まで頑張ってもらうことにしてみます。途中でかれたら仕方がないということで…

赤くならずに緑の葉だけの地味な鉢植えになる可能性が大ですが、

季節外れということは置いといて温かく見守っていてください。

Handsome blossom

昨日実家から贈り物が届きました。

『診療室にでも飾ったら』

ということでした。

形は会津の有名な『赤べこ』です。

でもこれは黒い。模様も違う。

なんだろな。と思って説明書を見てみたら、『Handsome blossom 』というものだとのこと。

よく読むと、今年のNHK大河ドラマの『八重の桜』の主人公である『山本八重』さんをモチーフに

作られたもののようです。『幕末のジャンヌ・ダルク』とも言われ、会津戦争時には銃を持ち

政府軍と戦った男勝りな面を黒色で表したのだそうです。

普通の赤べこと違って顔がないのと、つやつやしている表面が、べこっぽさをなくして現代アートっぽい感じになっているような感じです。

さて、ドラマ効果でこちらも話題になるでしょうか?売れすぎて品切れになったら自慢しようと思います。

ところでドラマの方ですが、なかなか白虎隊以外ほぼ扱われることの無かった地元の土地の題材ということもあって、

初回からじっくりとみてみました。

正直な感想は、会津にはあんな美女や美男子がいっぱいいたはずがないということ、それから多分みんなもっと寡黙だったろうなあ。

ということでした。

もしそこまで忠実に作ったらきっと誰も見ないでしょうからそこはそれでOKとします。むしろその方がいいです。

人選としては前半はおそらく会津から動くことはないはずですので、地味にならないかな?と思っていましたが、

早速初回から兄を使って勝海舟や吉田松陰などを出してきていました。素人の考えることなんてお見通しなのですね。

そして劇中にもオリジナルの赤べこや、起き上がり小法師などの工芸品が出てきていました。それを見たとき、『ああやっぱり福島なんだなあ』

と感じました。

そんなですので、今からどうなっていくのか楽しみにしています。

薩長をどのように描いていくのか。もし悪として出して来たら今までにない感じで面白いかも。と思う反面、

ファンの多い幕末の偉人達ですからものすごく批判を浴びるかも。という心配もあります。

まあこれも素人には及びもつかない形で面白くしてくれるんだろうと思ってます。

前回の平清盛も世間では不評でしたが、僕は面白かったと思います。

今回もぜひ面白いものになってもらい、福島に来る人が増えてほしいものです。