院長ブログ

蟹が脱皮しました

家でカニを飼っています。

元は息子が川でとってきたものを一匹貰ったんですが、今日の夕方見たらみたことのない色の蟹がいたのです。

これは死なせてしまったと最初は思ったのですが、水槽の中をよく見ると、もう一匹います。しばらく考えて、やっと脱皮したことに気づきました。

脱皮したからは結構固くて、ここからどうやって出たのか疑問に思うくらい綺麗に残っています。

でも脱皮したての蟹は柔らかいと聞いたことがあるので、触らないように気をつけました。

それからネットで蟹の脱皮について調べてみました。

その中で気になるものがありました。

それは、蟹の脱皮は満月の日に起こるという物でした。

流石にそれは迷信だと思ってそのときは気にも留めなかったのですが、夜になり、散歩に出掛けると、思いがけないものが目に飛び込んで来ました。

なんと夜空に丸い月が浮かんでいるではないですか。

それをみた時、私はさっきの話を思い出しました。部屋の外など見えないはずの蟹が、満月の日を選んで脱皮をするなんて自然界の法則の不思議さを感じた出来事でした。

鏡ですか?いえ体温計です。

こんなものを購入してみました。

ただの鏡では有りません。

実は体温計なんです。

センサーに顔を近づけると自動的に測定出来ます。

結構近づかないと測定出来ないので、慣れが必要ですが、意外と正確に計れます。

アールエフというレントゲン機器の販売会社が作ったものですが、結構売れているようで、買ってから到着するまで3、4ヶ月かかりました。

これで患者さんのすべての体温測定をするつもりはないのですが、面白そうなので待合室においてあります。

測定してみたい方、興味がある方はスタッフまでお伝えください。

カンブリア宮殿

本日1月28日午後10時よりテレビ東京にてカンブリア宮殿が放送されます。

テーマはむし歯予防。この分野では著名な山形県酒田市の熊谷先生が出演します。

歯科においても予防という考え方はだいぶ浸透してきて、これからの我々の日常診療の

核となるべきものと思っています。

ご興味がある方はぜひご覧になってみてください。

子供の受動喫煙と歯科の関係

受動喫煙というものがあります。

他人が吸っているタバコの煙を吸うことですが、さまざまな健康被害が報告されています。

成人でもかなりの影響があるといわれていますが、発達期にある子供の場合はさらに強い影響があるということです。

例えば、虚血性心疾患、中耳炎、ぜんそく、呼吸器疾患などから、小児のメタボリック症候群、注意欠陥性多動性障害(ADHD)

などにも関連しているということだ。

また、歯科疾患にも影響があり、受動喫煙のある小児はそうでない小児と比べて、齲蝕(むし歯のこと)は2.0倍多く、

歯周病は1.4倍多いと報告されている。

影響を受けやすいのは、やはり家族が喫煙している場合で、特に母親が喫煙している場合に強い影響があるそうである。

子供の受動喫煙の状態は歯肉の色素沈着で判断できるそうである。

色素沈着が強い場合、家族の喫煙が疑われるということである。

ここまで書いて、ちょっと怖くなりました。歯肉の黒い子供は見たことはないけれど、もしかしたら見逃しているだけかもしれない。

その時点で指摘することができたらよい結果が得られるかもしれない。今まで何を見てきたんだろと思います。

甘いものやめるだけがむし歯予防ではないのだな。子供だけの責任ではないということでしょう。

指導の甘さを考えさせられます。

歯科で得られる情報はまだまだいろいろと増えてきそうです。

日々情報収集と、勉強が必要だなと感じました。

駐車場わきの看板が新しくなりました。

昨日、駐車場わきの看板を取り換えました。もともとは、歯科医院開業告知のために工事中に掲示していたものですが、

なかなかいい出来だったので、そのまま使用していました。そのうちニュースレターを設置したりして、

いろいろ役に立つものでしたが、さすがに『2012年8月オープン』と書いてあったり、電話番号が書いてなかったり

して、やや現状にそぐわないものになってしまったので、少しデザインを変え再制作してもらいました。

DSC_0006[1]初代です

 

 

 

 

 

今度は電話番号と、診療時間を記載しているので、わざわざ医院の玄関まで来なくても確認できるようになりました。

良かったら、今度見てみてください。今回のデザインもシンプルですがなかなか気に入っています。

DSC_0009[1]2代目です

 

 

 

 

 

ついでに入り口のガラスパネルの上側に歯科医師会の会員証も張ってみました。

結構目立っています。

 DSC_0010[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもよろしくお願いします。

黄砂

先日の強風はすごかったですね。僕の車も帰るころには黄色くなっていました。

早く洗車して、きれいにしたいところなのですが、またあの砂がやってくるかも、

という天気予報の情報があり、二の足を踏んでいる状態です。それはどうやら今日のことだったらしいのですが、

確かに風は吹いていたようですが、この前のように景色の色まで変わるほどではなかったような気がします。

だったらとっとと洗車すればよかったんじゃないかな?と思いましたが、明日だったらどうしようなどと考えてしまうと、

なかなか行くことができなくなってしまいそうです。誰か『もう大丈夫!!』と宣言してくれないものでしょうか。

ところでやっぱりあの砂は黄砂ではないようで、その辺から巻き上がったものらしいですが、かなりの広範囲でそのようになっていたようです。

うちのお風呂場の窓を開けておいたらお風呂場の中が砂だらけになったぐらいです。多摩とかその辺からのものなのでしょうか?

もっていかれたところの上昇気流ってどれだけ凄いものなんでしょうねえ。竜巻みたいなものではないんでしょうか?

砂より大きなものが飛んできたところはないんでしょうか?疑問は尽きません。

とにかく、いつ踏ん切りをつけて洗車しようか、その言い訳を探して、自分の背中を押せるようにしたいです。

3月11日

今日は震災があって丸2年が経った日です。

早いもので『もうそんなに経ったのか』という気分です。

2年前にそんなに大変なことがあったことなど忘れたかのように、

今日は穏やかな快晴の日でした。昨日などは黄砂が吹き荒れ、空が一面黄色かったことなど

なかったかのようです。

それでも実際はまだまだ復興からは程遠く、いまだ避難生活をしている人たちがいる状態です。

これが完全に元通り、いや、人が普通に住めるようになることはできるのでしょうか?

どのようになるのがベストなのか僕にはわかりませんが、みんなが前を向いて生きていけるよう進んでいくことを願っています。

 

息子と水泳

先日息子が水が苦手なのでは?と書きました。

その後もプールには通っています。すると最近変化が出てきました。

プールではアームヘルパーという腕に付ける浮き輪みたいなのを付けて入るので、

沈んだりはしないのです。しかし息子にそんなことを伝えても分かるはずがありません。

それで最初は一人で浮かせると、ひどく嫌がり、抱っこされたがりました。

とても嫌そうだったわけですが、昨日行ったときには、とりあえず足をかいて進もうとするしぐさを見せてくれました。

まあ楽しそうではなかったのですが、彼なりに何とかしようと努力する姿が見て取れました。

だんだん自由に泳げるようになると面白くなってくるのではないか?そんな風に期待しているのですが、どうですかね。

とはいえ短期間でこの変化。子供の成長は早いものです。週に一回このように見ているのですが、こんな風に頑張っている姿を見せられると、

こちらも負けられない気分になります。水嫌いは遺伝していないことを信じて、また来週も行ってきます。

歯髄バンク その後

新聞記事でこんなものがあるそうです。

121019_中日..

130109_朝日..

いずれも歯髄細胞から再生されたものを用いて行っているそうです。

歯科医としてはもう一度歯の神経を再生するということに興味を覚えますが、

どのような術式で、どのようにふさぐのかが非常に気になります。

これが実用化されたらぜひできるようになりたい技術です。

誰でも手軽にできるようになったらいいですね。

しかし患者さんの需要の切迫度からいったら脊髄の再生の方がより強いでしょう。

体の麻痺が治るかもしれないとしたらどれだけ喜ぶことでしょう。

僕はあまり脊髄損傷の人たちについて詳しいわけではありませんが、

交通事故で下半身麻痺などになり車いす生活になった人たちのことを描いた話

などを見聞きすると、ある日突然自分の体が言うことを聞かなくなる恐怖というのが描かれています。

僕もラグビーをやっていたこともあり、頭や首の怪我についてはプレーしていてどこかに不安を持っていたように感じます。

そのため首など体を鍛えて対処していたのですが、毎年そのような事故の話があるたびにどこかやるせない気持ちになったことを思い出します。

そんな中このような技術が完成したら救いになるのではないでしょうか。まだ完全に再生するわけではないようですが、

少しでも良くなれば今後の希望にもつながると思います。

2916年の実用化を目指しているとのことですが、一刻も早く完成させて再生医療の凄さを感じてみたいものです。

あけましておめでとうございます

2013年の年も明け、また新しい一年が始まりました。

昨年8月1日から開院して初めての年越しとなりました。

まずは一安心というところです。

今年は1月5日9時半からの診療となります。

今年も皆様のお口の健康維持に努めていきたいと思っております。

どうかよろしくお願いいたします。

  与野グリーン歯科クリニック 院長 坪井栄範