小児歯科

乳歯は永久歯に比べ歯の質が弱く、むし歯になりやすい傾向があります。しかも進行が速いので、放置するとどんどん大きくなってしまいます。
そうすると、治療の際に麻酔が必要なほど痛みが出たり、来院の回数が増えたりします。こんなことが何回かあったら歯医者が嫌いになってもしかたがないですよね。

ただ、そのまま放置してしまうと大人になってから歯並びが悪くなってしまったり、むし歯になりやすい細菌叢になってしまったり、歯科恐怖症になって痛くても足が向かなくなってしまったりと、いいことは一つもありません。
逆に言えば、この時期に歯科に対してよいイメージを持っていれば長期的に歯の健康が保てる可能性が高まるといえるのではないでしょうか。

そのためにはむし歯にならないこと、なったとしても初期のうちに治してしまうことが大事です。これならつらいことはないはずですので。
当院では治療の他に専門の歯科衛生士による歯ブラシ指導、フッ素塗布による歯質強化、生活指導などを行い、むし歯予防のお手伝いをいたします。