痛みの少ない治療を求めて

当院では苦痛を最小限にとどめるため、努力をしていきます。

例えば

  • 麻酔を打つ場所に表面麻酔薬を塗布します。
  • 電動注射器を用い、麻酔薬の注入速度を一定にします。
  • 注射針は細いものを使用します。
  • 麻酔薬を体温程度に温めておきます。

またこれらを行うことにより、麻酔の注入量が減り、 術後の違和感の残る時間を短くする効果もあります。