コンセプト

院長より患者さんへ

近年、歯科疾患と全身疾患との関連性が大きくクローズアップされ、研究によりさまざまな疾患の増悪因子としてむし歯や歯周病が挙げられるようになりました。

文字通り「体の健康はお口の健康から」といったところです。
このような時代に求められる歯科治療とは、ただ目の前にあるむし歯や歯周病を治すことにとどまらず、その健康な状態を維持するところにあるのではないでしょうか?

そこに至る過程には、歯科医師の治療に対する意識改革、そして患者さんの歯科に対する意識も変えなくてはなりません。
もう歯が痛くなってから歯科にかかる時代は過ぎ去ろうとしています。私たちが皆様の健康維持の一助となれれば幸いです。

いつまでも自分の歯でおいしく食べる。


今までの歯科治療は、現在悪いところ除去する、という対処療法が主でした。
しかしそれでは、口の中の状態を維持していくことは、とても困難であり、現実には悪化していくというのが、ほとんどのように感じます。

死ぬまで自分の歯で食べていくには、定期的に来院して、予防処置を受けていただく必要があります。

めんどうなようですが、むし歯で何回も連続して通院されるより、はるかに短く、安価にすむのです。