酸蝕症

酸蝕症ってご存知ですか。

その名の通り、酸によって歯が侵食されて今う病気です。

むし歯との大きな違いは細菌がその症状に関与しているかどうかです。

むし歯では細菌が産生する酸によって歯が溶けてしまうのに対して、

酸蝕症では食品などの酸によって歯が溶けてしまうのです。

どんなもので起こるかというと、結構身近な物でも起こします。

たとえば、スポーツドリンクや果汁、その他の清涼飲料水。ワイン、ハーブティー

など。お酢なども含まれます。

また、過食症の人などに見られる習慣性の嘔吐や、逆流性食道炎などによって胃酸が口の中に存在することも

原因の一つとなります。

治療法ですが、通常のむし歯治療と同じですが、歯を溶かす酸のコントロールができてないと、

同じことを繰り返してしまいます。そのため予防が大事になってきます。

まずは食事をしたら水などでうがいをして、余分な酸を洗い流すこと。

また、酸にさらされる時間を少なくするために『だらだら食べ』をしないようにすること。

間食の回数を減らすこと。などがあげられます。

酸性の物を食べなければいい。ということも考えられますが、その場合、体が必要とする栄養素を

摂取できなくなってしまう可能性があるのでお勧めできません。

とにかくそれほど見かける疾患ではないので、あまり過剰に意識はせずにいればよいと思います。

ただ最近急に歯がしみてきた、とか最近歯の形、色が変わってきた感じがする。というようなときは、

早めに相談してください。