神経を取った歯が痛む

こんなことになったことがある人、多いと思います。

むし歯が神経に到達した場合、その神経はむし歯の細菌によって感染しています。

そのため、多くの場合には神経を取る治療をします。きれいに神経を除去して、

症状がなくなったら、神経のあった空間に封鎖する薬を詰めてかぶせものを作る。

そのような手順で治療は進みます。

そのような歯が、ある日突然いたんできます。神経は取ったはずなのにどうしてでしょう?

それは、歯が痛んでいるのではなく、歯の根元の外側が痛んでいるのです。

神経を取る治療をする際に、いろいろな薬を使って、根の中を無菌に近づけていきます。

その際に生き残ったわずかな細菌が、体の免疫の低下のすきを狙って、増殖します。

体としてはそれをほっとくわけにもいけないので、攻撃して、細菌をどんどん殺していき、

その結果、膿ができてきます。その戦いが続くと、膿はどんどん増えていき、容積を増やそうとします。

しかし、歯の根元の部分とは、骨に囲まれているところなので、そうそう大きくなることもできずに、代わりに

その部分の圧力が大きくなっていきます。その圧を周りの神経が刺激と感じて痛む。そういうメカニズムです。

こうなるのはその歯医者の技量が悪いから、というわけだけではなく、神経の治療を専門に行っているスペシャリストでも、

一定の割合で起こることが分かっています。というのも、歯の神経の走行は人により、少しづつ異なっていて、枝分かれしていたり、

またくっついてみたりと複雑な走行をしているケースがあります。また、直接見ながらできる治療ではないので、対応しきれないものもあるようです。

そのため、おそらくなくなることのない病気と言えるでしょう。

治療としては、詰めてあった薬を除去して、圧を抜いた後、根の中の消毒をもう一度し直します。

しっかりと中の汚れた部分を除去して、症状がなくなったら、もう一度薬を詰めなおして封鎖します。

その後、被せるという手順です。あまりに治りが悪い場合は外科的に処置することもあります。

こうなると結構大がかりになるので、そこまで行く前に何とかしたいものです。

何度でも言いますが、早めの受診、定期的な受診がポイントです。