白い詰め物

健康保険で小さいむし歯を治す時に白い詰め物を使う時と、

金属を使う時があります。どのような場合にどちらを選択するのか

疑問に思ったことはありませんか?

一昔前までは白い詰め物は強度があまり強くなくて、すぐに削れたり、

変色したりすることが多く、小さいむし歯や、かみ合わせにかかわりの少ない前歯や

歯の外側の部分に用いることがほとんどでした。

しかし、最近のものは、強度も上がってきていて、変色も少なくなってきているので、

応用範囲も広がってきているように思います。

患者さんにとっても、自然の歯の色に近く、一回の来院で処置が完了するこちらの方法を

喜ぶのも当然な気がします。毎日の診療でも、『こちらのやり方ではできませんか』という質問を受けることも多くあります。

しかしいくら応用範囲が広がったといっても、そこには限界があります。専門的には『間接法』と呼ばれる、いわゆる型どりをして

かぶせものを作ってくるやり方には、そこでしかできない利点が存在しているのです。

一つは、口の中の環境に左右されずに、形を自由に付与できるということです。

口の中で作業をするというのは困難を伴います。

唾液が混入すると物性が落ちて失敗の原因になりますし、すべての角度から確認できるわけでもありません。

間接法ならば、これらのことから解放されますし、きれいなものを作れることができます。

もう一つは、歯と歯の間の隙間を自由にコントロールすることができる点です。

歯と歯の間の隙間が大きすぎると、食べかすなどが詰まりやすくなり、歯周病や、新たなむし歯の原因となってしまいます。

かといって隣の歯とくっつけてしまうと、歯と歯の間の掃除がしづらくなり、歯茎の腫れなどを引き起こしたり、

またむし歯の原因にもなります。

つまりはちょうどいい隙間の空き具合というものがあるのですが、間接法ではこのようなものも自在です。

このような理由で、間接法が選択されるのですが、僕としてはなるべく自然に近い方法で治療したいという思いもあります。

金属だとどうしても見た目が悪くなってしまうからです。

一番いいのはむし歯を早期に発見して、早期に治療することです。

なんだか毎回同じ結論になってしまいますが、定期的な受診でそれができると思っています。

皆さんも意識を高く持って、ご自身の歯の健康を守っていきましょうね。