歯の保険について

今日ネットを見ていたら、『歯の保険』というのがあるということを知りました。

健康保険ではなく、生命保険会社などで取り扱う医療保険の一種らしいのですが、

健康保険の一部負担金のみ保険金が下りるものと、保険外の治療に関しても保険金が支払われるものなど、

種類があるようです。もちろん、保険に入る前にあるむし歯の治療に関しては支払い対象外なのですが、

入ってからのちにできたむし歯の治療に関しては支払われるようです。

ちらっと見ただけなのでもっと詳しい条件があるのかもしれませんが、面白い試みだと思いました。

医療保険に入っている方はたくさんいると思います。かくいう僕も結婚して家族ができてから入るようになりました。

入院や手術など、避けられない出費に対して、これはやはり助かるものだと思います。自分は健康だと思っていても、

転ばぬ先の杖という感覚でしょうか?使わなければそれでよし。といったたぐいの出費であると考えています。

それと比較して、歯の保険はもっと身近なものと言えるでしょう。入院するような病気にかかるよりはむし歯になる可能性の方が、

高そうな気がしますし、治療にいろいろな金属などの材料を使用する歯科では、風邪などの医療費に比べて高くなりがちです。

また世の中の人の中にはむし歯になりやすい人、歯周病になりやすい人、そのどちらにもなりやすい人、なりにくい人といます。

なぜそうなるのかというと、歯の硬さや唾液の成分など、個人の体の特徴によるものもありますが、口の中にいる細菌の種類や、

その数、食事などの生活習慣などによっても変わってくるものです。

なので、むし歯になりやすい人などはこの保険に入っておくといいのかもしれません。

しかし、どちらにもなりにくい人は入っても無駄なことがあります。もし興味があって入ろうかと思っている人がいたら、

とりあえず保険の相談に行く前に歯科医院に受診することをお勧めします。そこで自分がむし歯になりやすいのかを調べてもらう。

もしくは相談するといいと思います。はっきり調べるなら、細菌の種類を歯の汚れなどから採取して調べることもできますし、

そんなことをしなくても、ある程度なら推測することも可能です。その結果を聞いてからどうするか決めてみても遅くはないのではないかと思います。

おそらく僕とその家族はこの保険には入れなさそうなので特に何かすることはないでしょうが、もし質問があるようでしたら遠慮なくおっしゃってください。

ちなみに歯周病に関してはどうなのかわかりません。おそらく対応していないのではないかと思います。が、また調べてみたいと思います。