歯のホワイトニングについて

当院では初診時に口腔内写真を撮影しまして、患者さんの口の中の状態を説明しているのですが、

その際に自分の歯を改めて見て『黄色いなあ。』などと言う方は結構いらっしゃいます。

毎日人の歯を見ているものとしてはそれほど違和感を感じないものですが、普通の方は普段

人の歯の色をまじまじと見るなんてあまりしないと思いますし、比較となる対象がテレビで見る

芸能人であることが多いのではないか?とも思われます。

芸能人の方はテレビ映りが一番なので、同じようにしてしまうと逆に浮いてしまうのではないかと思いますので、

あの色を目指すのはどうかと思いますが、白い歯のほうが健康的に見えることは確かなことです。

白く見せるには、一つは日焼けして肌の色を変えるというのもいい方法ですが、日焼けしたくない人もいますし、

日焼けしにくい人、すぐ元に戻ってしまう人、雰囲気が変わっていやだという人もいるかもしれません。

そこで歯そのものを白くするということになるのですが、いろいろやり方があります。

まずは歯を削って冠をかぶせるという方法。これなら自分の好きな白さにすることができます。

ありえないくらいに白くしたい方にはお勧めのやり方です。

それから歯の表面に薬剤を浸透させて歯を漂泊するというやり方もあります。

これがいわゆるホワイトニングと言われるものです。

ホワイトニングには大きく分けて2種類あります。

一つはオフィスホワイトニングと言われるもので歯科医院内で薬剤を塗布して光線を当て、

白くするというものです。一般的には即効性があるといわれています。

もう一つはホームホワイトニングと言われるもので、歯科医院では上下の歯の型を取り、

白くさせたい歯の部分に液だまりをつけたトレーを作成して患者さんにお渡しします。

患者さんはそのトレーの液だまりの部分に一緒にお渡しする薬剤を入れてしばらく装着してもらうだけです。

こちらはゆっくりと白くなっていきますので、人によっては気が付かない場合もあります。

当院ではこのうちのホームホワイトニングを行っています。理由はもちろんあって、

・色の後戻りが少ないこと。

・歯科医院内での患者さんの滞在時間が少なくて済み、トレーの装着時間なども患者さんが自由にできること

・もちろん効果が高いこと。

などがあげられます。

いつの間にかに歯が白くなっていたりすると歯に対する興味もわいて歯を大事にする気持ちもできてきます。

そうしたらむし歯や歯周病の心配も減ってより健康的になれることでしょう。

興味のある方はお気軽にに声をかけてください。