セラミックのかぶせものについて

保険外のかぶせものというと主に見た目をよくするもの、

保険だと銀色の歯しか入れられないので白いものを入れたいということで

選択される方が多いと思います。

白いかぶせものというと大きく分けて2種類あります。

レジンと呼ばれる樹脂とポーセレンと呼ばれるセラミックです。

大雑把に分類するとプラスチックとせとものです。

なので、違いを説明するときには食器を例にすることが多いです。

つまり、プラスチックは色移りしやすく、年数が経つと劣化してきて、少し柔らかいけど

粘りがある。比較的安価。

せとものは変色しにくく、経年変化も少なく、硬くてもろい。プラスチックよりは高価。

といったところでしょうか。

しかし見た目の問題だけではなく、汚れのつきやすさにも大きな違いがあります。

樹脂には顕微鏡などで見ると表面がでこぼこしています。このため、プラークと呼ばれる歯の汚れ(細菌の塊です)

が付着しやすいのです。

これに対してセラミックでは制作過程でつや焼きを行うことによって、非常に表面が滑らかになっています。

これは天然の歯や、金属よりも大きく上をいっています。僕の歯にも樹脂とセラミック、金合金のかぶせものが

それぞれ入っていますが、すべての歯で一番汚れが付かないのはセラミックが入っているところです。

正直、歯を磨く前からいつもつるつるしています。

これが何に有利かというと、歯周病予防にいいのです。

歯周病とは歯の周りについたプラークが歯の周りで歯を支えている歯槽骨と呼ばれる骨を溶かしてしまう病気です。

歯がぐらぐらして抜けてしまうのはたいていこれのせいです。

予防するには、的確な歯ブラシをすることです。汚れをきれいに除去するということですね。

簡単そうですが実は意外に難しいことです。自分でもちゃんとできてるか自信がありません。

いやきっとできてないでしょう。

と考えると汚れが付かないということは、なかなかすごいことなのではないでしょうか。

とはいえ今ある歯を全部削って、セラミックにしてしまうというのはどうかと思います。

絶対に歯周病にならない、もう歯を磨かなくてもいい。というわけでもありません。

ただ、何かかぶせものをしなくてはいけないという時に、そういうこともあるということです。

でも選択する際に見た目だけでなく、そういう健康面のことも考えるということも大事ではないでしょうか。

当院ではいつでも相談を受け付けておりますので、何か疑問がありましたらどうぞご質問ください。